伊勢市視覚障害者福祉会のホームページです。平成22年2月に100年事業を行ないました。

視覚情 報

 視覚情報

  • 2010年3月6日 朝日新聞社
    フレームから超音波で物を感知 視覚障害者向け眼鏡開発 
    国内最大の眼鏡枠産地・福井県鯖江市の技術をいかした視覚障害者向けの眼鏡が、登場した。フレームから前方に発信する超音波で障害物を感知し、音に変換して知らせる。年内発売の予定で、価格は約5万円を見込んでいる。
     フレームの両眼の間に超音波の発信機、両端に受信機が内蔵されている。イヤホンで伝える音の高低や強弱で、距離感がつかめる仕組みだ。10メートル先で幅1メートルの範囲で障害物の有無が判別できるという。
     同市のメーカー「マコト眼鏡」と、広島県の呉工業高専の岩本英久准教授(医用工学)が共同開発し、1月に試作品が完成した。岩本准教授は「オシャレも追求した。これをかけて、より自由に散歩してほしい」。視覚障害者団体の日本盲人会連合によると、超音波探知機を眼鏡枠に装着するタイプはあったが、眼鏡と探知機の完全な一体型は珍しいという。

   [check] 点字のことは、ここをクリックして下さい。 22/4/14

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional